圧殺の海 第2章「辺野古」

圧殺の海 第2章「辺野古」」という映画を観ました。

監督:藤本幸久・影山あさ子

ドキュメンタリーもの。
私が観たときは上映後にトークショーがあって島袋文子さんと影山あさ子監督、藤本幸久監督が来ていました。

いろいろな意見がある中で、どちらかと言えば辺野古への新基地建設に反対している側からの話がメインの映画となっています。
Behind “THE COVE”」のように賛成派や公僕側への取材や映像があるとよいのですが、まぁ、なかなか取材には応じてくれないでしょうね。
逆に公僕側でも映画なり映像なりを作って公開すればいいのにな、と思いました。

船を転覆させる映像があったのですが、酷いものです。
尖閣諸島とか竹島で辺野古と同じことをしてもらいたいですね。

抗議運動としては、以前の「身を挺して」という行動から「ブロックを積み上げる」という物体的なものに変わった部分もあってよかったと思いました。

機動隊や警備員など最前線にいる人たちへの心理戦にするのも有効かなと常々思います。辺野古への基地建設は政府方針であり、それに全面的に賛成の人たちには響かないでしょうが、疑問を持ちながらも仕事だからということで警備なりをやっている人たちには、
「今やっている仕事を自分の家族、子どもに伝えられるのか」
ということを静かに、冷静に考えて向き合ってもらえるような運動もいいのかな、と思います。内部で何らかの動きがを起こるのが一番いいですよね。

土佐犬が逃げ出したニュースがありました。
普天間基地内に逃げ出した土佐犬が入り込んだら、とか、ハブとかマングースとか野良猫とかが入って数が増えちゃって機内とかに潜り込んでしまう、なんてことになったらどうなるんでしょうね、とふと思いました。


圧殺の海 第二章「辺野古」|映画情報のぴあ映画生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA