39窃盗団

沖縄県那覇市の桜坂劇場で「39窃盗団」という映画を観ました。


監督:押田興将
キャスト:押田 大、押田清隆、山田キヌヲ、斎藤歩、内田春菊、ベンガル、品川徹 ほか

キャストのうちの二人は監督の実弟。

ダウン症や心神喪失者は身近にいないのでよくわかりませんが、
この映画を観る限り、社会的な善悪を超越したところにある
善悪で物事を判断しているように思いました。

第三十九条  心神喪失者の行為は、罰しない。
2  心神耗弱者の行為は、その刑を減軽する。

という法律の是非についてもいろいろ意見があるようですが、
社会の中で生きていくためには、何らかの手助けがあったほうが
いいような気がします。

品川徹さん、、、「ドラゴンヘッド」、、、ではなくて、「サバイバル」という漫画の小見山晴彦博士を思い出しました。。。
ちなみに、フレッツ光のCMにも出ていましたね。

映画のあと、舞台挨拶のようなものがあり、押田興将監督と押田清隆さんが壇上に。
監督が言うには、ダウン症の弟さんから受けた影響というか学んだことというかも多い様子。

また、押田興将監督は8人兄弟の一番上で、兄弟の中の位置づけ的には「神様」とのこと。
しかしながら、まだ43歳ということで、私も同世代。
失礼ながら少し老けてみえたような気がしたのですが、私が自分の年齢や外見を自覚してなくて、実は自分も同じように老けているのか、しばし考えさせられました(苦笑)

音楽については、ほのぼのとしたなかにも哀愁があるような音色。「あまちゃん」の音楽を手がけている人たちが携わっているそうです!

ちなみに、今までまったく観ていなかったのですが、最近「あまちゃん」を観る機会がありました。けっこう面白くて毎朝連続で観てしまいました。オープニングの音楽もけっこう好きなんですよね♪

39 刑法第三十九条」という森田芳光監督の作品も過去にあったようですね。
邦画アーカイブス」にとても詳しく載っています。

39窃盗団@ぴあ映画生活
39-刑法第三十九条-@ぴあ映画生活

立候補

立候補、と言っても私が何かに立候補するわけではなく(当たり前!?)、映画の話。
強いて言えば、アーリーリタイアする人に立候補したい、というか、宝くじ高額当選者に立候補したいというか(苦笑)

で。
沖縄県那覇市の桜坂劇場で「立候補」という映画を観ました。

監督:藤岡利充
出演:マック赤坂、羽柴誠三秀吉、外山恒一、高橋正明、中村勝、岸田修、櫻井武 ほか

なかなか面白かったのですが、メインがマック赤坂という人だったようで、もう少しほかの泡沫候補者も見たかったな、という感じ。
外山恒一さん、ちょっと面白かったかな。
「諸君を軽蔑している」的なスタンスで。

高橋正明さん、、、じゃなかった、たぶん、中村勝さんだと思うんだけど、この人、意味わからん。
300万円払って立候補して、街頭演説もせず、家に引きこもり。政見放送とかしたのかもしれないけど、目立ちたいわけでもなく、主張があるようにも見えず、何がしたいのか映画の中ではさっぱりわからなかった。。。

マック赤坂さんは京大卒のようだが、うーん、面白いではあるけれど、という感じ!?
スマイル党総裁、ということみたいですが。

とりあえずマック赤坂さんとマック赤坂さんの運転手(なんとロールスロイス!)のシーンがとても多く、マック赤坂さんが金主かと思ったくらいでした。

まぁ、橋下大阪市長?の腹黒さも、安部首相の弱者を相手にせず的な雰囲気も再認識できたのはよかったかな。

そこで思ったのは。
橋下大阪市長? とマック赤坂って胡散臭さというか元々政治を遣っていた人ではないという点では同じだよね!? ってこと。
橋下大阪市長? は、たまたま知名度があってなんかの選挙で当選しちゃって、そこからうまく立ち回って「維新の会」なんてのを立ち上げただけで、その前は弁護士兼タレントですよね!? 政治家とは全然関係ないですよね?

まぁ、維新の会に投票しちゃった人も参議院選挙では投票しなかったようで、浅はかという印象しかないのですが。
民主党も似たようなもので、以前の選挙では大勝したけど、今回は惨敗。自民と大同小異なんだからそんなもんかとも思うけれど、有権者の市民度ってどんなもんかなってのは常に思いますね。

映画「立候補」@ぴあ映画生活

さて。
全然話は変わって。
“未来の暮らしを沖縄から”  県内初!触れて遊ぶエネルギーカフェ『Luterio』オープン
というプレスリリースを見つけました。
沖縄にエネルギーカフェができたようです。
観たところ興味を惹かれたところはないのですが、コンセプトは好きですね。
エネルギーカフェを作って会社として成り立つのであれば大いに興味は湧きますね。

箱入り息子の恋

沖縄県那覇市の桜坂劇場で「箱入り息子の恋」という映画を観ました。

監督・脚本:市井昌秀
キャスト
星野源、夏帆、平泉成、森山良子、大杉漣、今井晃、黒木瞳、穂のか、竹内都子 ほか

文字通り傷ついても何気に立ち上がる、いい映画でした。
ポジティブな感じで終わるのは「旅立ちの島唄 ~十五の春~」同様個人的にとても好きなエンディングです。

そして。
夏帆。いいですね!
もう、いいですねとしかいいようがない。。。

ベッドシーンもあって相手役の相手役の星野源が憎らしかったですけど、楽しそうな感じでよかったです。ちょっと逆三角形的な体型に見えてしまったのが残念。

大杉漣が黒木瞳に平手打ちされるシーンはいい音が出てた気がしましたし、そのあとフツーに暮らしていたのもw

「穂のか」という女優は「穂花」の流れかと思ったらとんねるずの石橋の娘のようですね。
とんねるずの石橋は嫌いなので、幻滅(苦笑)

森山良子が、、、どこかで見たことある顔だなぁと思ってはいたのですが、ビジュアル的にちょっと今までのイメージと違う気がしました。

箱入り息子の恋@ぴあ映画生活

——
当日、鳥肌実 春の時局講演会「日の出は近い」
なんていうのをやっていて、人が長蛇の列をなしてましたぁ。

——
2017/01/07 追記
星野源、この映画にも出てたんですね。
2016年の「逃げるは恥だが役に立つ」は新垣結衣が可愛すぎてとてもよかったですが、星野源の役柄はこの頃と同じ系統!?(笑)