ヒトラーの忘れもの

ヒトラーの忘れもの」という映画を観ました(2017/03/28)。

監督:マーチン・サントフリート
出演:ローラン・ムラ、ミゲル・ボー・フルスゴー、ルイス・ホフマン、ジョエル・バズマン、エーミール・ベルトン、オスカー・ベルトン ほか

ナチスが埋めた地雷を異国(デンマーク)に置き去りにされたドイツの少年兵たちに撤去させるという語。デンマーク国内でも知られていなかった史実を題材にしたということの意味は大きく評価されるべきものと思われる。

デンマーク軍の軍曹が本作での現場指揮官となっている。
様々な葛藤があることに起因しているとは思うが、首尾一貫性が薄いように思えた。
が、ある意味人間味があるとも言えるかも。あくまで極限に近い状況にある、もしくは経験してきた名残がある、ことが前提になるが。

ラストは若干美談っぽい感じもしたが、映画だから、なのかもしれない。

カンボジアでもほかの紛争地域でも地雷は大きな問題となっているらしい。地雷撤去については文明の利器で人海戦術に頼らなくてもいいようになる、もしくはなっているかもしれないが、そうなると地雷の意味が薄くなってしまうので、より複雑な地雷が出来上がって鼬ごっこになるのかもしれないですね。

国家間の武力を用いた戦争なんて時代遅れ、な時代になるといいような気がします。

ヒトラーの忘れもの|映画情報のぴあ映画生活

アクト・オブ・キリング

去年ですが、、、「アクト・オブ・キリング」という映画を観ました。

監督:ジョシュア・オッペンハイマー

インドネシアで行われた大虐殺を、大虐殺を行った人自らに演じてもらい追体験させる、というようなドキュメンタリー映画。

人の死というものは。
人が人の生を奪うということは、物理的にはいとも容易い行為なのかもしれない、と思い知らされる。
精神的には、生を奪う人の育ち方や教育のされ方、情けないことだが周りの雰囲気、といったものにより、例えば戦争であれば英雄気取りになるかもしれないし、通り魔的なものであれば非難されて当たり前と思うのかもしれない。

イスラム国の人たちが観たらどう思うのだろうか。

アクト・オブ・キリング〈オリジナル全長版〉@ぴあ映画生活