カタブイ 沖縄に生きる

カタブイ 沖縄に生きる」という映画を観ました(2017/02/17)。

監督:ダニエル・ロペス
出演:糸満盛仁、上原新吾、上間康弘、金城実、新城利枝子、渡慶次馨、宮城茂雄 ほか

沖縄の日常を撮った長編ドキュメンタリー。
基幹的には1年以上。

ウンケー・ウークイや栄町再興、空手、舞踊、シーサー職人、彫刻、宮司、基地の存在などについて切り取っている。

ウンケー・ウークイはもちろんだが、舞踊、空手、宮司に歴史を感じた。
きれいな映像もあるが、どちらかというとあまり好きではない感じの映像もあった(苦笑)

独り暮らしの身としては、こういう生活もあるんだな、という感じでもあった。

監督のダニエル・ロペスという人は「ウィンウィン」というテレビ番組に出ていて知っていたが、特に印象はなかった。この映画では誠実な感じがして好感が持てた。
単なる印象だが、スイスというのは気骨を持った国民性かな、と思っている。本作の監督もスイス出身ということで、合点がいった。


カタブイ 沖縄に生きる|映画情報のぴあ映画生活

圧殺の海 第2章「辺野古」

圧殺の海 第2章「辺野古」」という映画を観ました。

監督:藤本幸久・影山あさ子

ドキュメンタリーもの。
私が観たときは上映後にトークショーがあって島袋文子さんと影山あさ子監督、藤本幸久監督が来ていました。

いろいろな意見がある中で、どちらかと言えば辺野古への新基地建設に反対している側からの話がメインの映画となっています。
Behind “THE COVE”」のように賛成派や公僕側への取材や映像があるとよいのですが、まぁ、なかなか取材には応じてくれないでしょうね。
逆に公僕側でも映画なり映像なりを作って公開すればいいのにな、と思いました。

船を転覆させる映像があったのですが、酷いものです。
尖閣諸島とか竹島で辺野古と同じことをしてもらいたいですね。

抗議運動としては、以前の「身を挺して」という行動から「ブロックを積み上げる」という物体的なものに変わった部分もあってよかったと思いました。

機動隊や警備員など最前線にいる人たちへの心理戦にするのも有効かなと常々思います。辺野古への基地建設は政府方針であり、それに全面的に賛成の人たちには響かないでしょうが、疑問を持ちながらも仕事だからということで警備なりをやっている人たちには、
「今やっている仕事を自分の家族、子どもに伝えられるのか」
ということを静かに、冷静に考えて向き合ってもらえるような運動もいいのかな、と思います。内部で何らかの動きがを起こるのが一番いいですよね。

土佐犬が逃げ出したニュースがありました。
普天間基地内に逃げ出した土佐犬が入り込んだら、とか、ハブとかマングースとか野良猫とかが入って数が増えちゃって機内とかに潜り込んでしまう、なんてことになったらどうなるんでしょうね、とふと思いました。


圧殺の海 第二章「辺野古」|映画情報のぴあ映画生活

シェル・コレクター

シェル・コレクター」という映画を観ました。

監督:坪田義央
キャスト:リリー・フランキー、池松壮亮、橋本愛、寺島しのぶ ほか
音楽:ビリー・マーティン
原作:アンソニー・ドーア

映像は綺麗めでしたが正直「なんだかな~」という感じでした。
改めてフライヤーを見ると、リリー・フランキーが
「いろんな意味で稀な映画。美しさと醜さのファンタジーをお楽しみください。」
と記載していて、「あー」という感じでした。

映像から「美しさ」は感じられ、ストーリーから「醜さ」は感じられなくもなかったですが、あまり楽しめはしなかったです(苦笑)

光源的に暗めの映像だったのですが、中年の私には少し見づらかったので(汗)もう少し明るくてもよかったかなというのと、ノイズ的な映像も何度か挿入されていたのですが、今一つしっくりこなかったです(残念)

地元の船頭さんが英語を話したのも現実感があるんだかないんだか、という感じでしたねw

シェル・コレクター@ぴあ映画生活