米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯

米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯」という映画を観ました(2019/09/06)。

監督:佐古忠彦
語り:山根基世、役所広司
音楽:坂本龍一
登場人物:瀬長亀次郎、内村千尋、佐藤栄作、キャラウェイ ほか
前作:「米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー

太り気味の佐藤栄作と痩せ気味の瀬長亀次郎、対照的だ。
結局、米軍よりも日本政府が沖縄に基地を押し付けているというのは今も昔も変わらない。
日本政府が本当にやる気があれば、ドイツや韓国などの他国並みの地位協定への改定や
基地の大幅縮小などは十分可能なはずだ、よく知らないけど(-_-;)

犯罪や事故を起こした米兵が罪も償わずに、補償もほったらかして本国へ帰国し、
そのままうやむやになるとか、日本国家としてどうなんだ?
米兵は日本に来て何かしでかしても、帰国して逃げればいい、と思われているんじゃないか?

何かあったときに矢面に出るのは地方防衛局の人だが、誰も責任を取らない。
基地で苦しんでいる人たちにとって、存在意義があるのか?

政治屋が決めた方針通りに運用して問題が発生し、県民が泣きを見る。
政治屋は当然素知らぬふり。
そういう政治ではいかんということも亀次郎さんは言っていたのではないか。

米軍が最も恐れた男 カメジロー不屈の生涯|映画情報のぴあ映画生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA