女神の見えざる手

女神の見えざる手」という映画を観ました(2017/12/15)。

監督:ジョン・マッデン
キャスト:ジェシカ・チャステイン、マーク・ストロング、サム・ウォーターストン、アリソン・ピル、ググ・バサ=ロー、ジョン・リスゴー、マイケル・スタールバーグ ほか

スリリングだけど胃が痛くなるような映画ですね。
エンターテインメントとして楽しめればいいんですけど。

当たり前のことで、どんなことにも当てはまると思うのですが、
(目標設定→)情報収集→分析→(検証→)予測→計画立案→実行
のそれぞれが高いレベルで行われれば物事はけっこううまくいく。

沖縄の翁長知事にもこれくらいのブレーンがいればいいんですけどね!
どこかから引き抜いてくればいいのに(もしかして水面下で動いてるのかもしれないけど)。

女神の見えざる手|映画情報のぴあ映画生活

海街diary

海街diary」という映画を観ました(2018/02/21)。たぶん去年テレビでやっていたのを録画していたのをやっと観ました。「anone」というテレビドラマを観て広瀬すずに興味を持ち、運動神経もとてもよくて実は高飛車らしいという噂もあったりしてさらに興味が湧き(笑)、そういえば「海街diary」に出てたかも、と思ってやっと観てみました。

監督:是枝裕和
キャスト:綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、加瀬亮、鈴木亮平、池田貴史、坂口健太郎、前田旺志郎、キムラ緑子、樹木希林、リリー・フランキー、風吹ジュン、堤真一、大竹しのぶ


映像は、感動的に美しい、というよりは、きれいな風景をきちんと切り取っている、という感じかな。
女優陣は綺麗。
魚介類山岡マイコ」の梶野竜太郎監督が「女の子を綺麗に魅せるのが映画!」みたいなことを言っていたと思うのですが、その言葉を思い出した映像でもありました。

綾瀬はるかはきちんとしたお姉さんですがどこかでバランスを取らなければならなかった感じ?
長澤まさみはセクシー担当
夏帆は能天気担当だけど、実はそれだけというわけでもない。先日「箱入り息子の恋」もGYAOか何かで観ました。以前観ていたことを忘れてました(苦笑)
そして
広瀬すずは…存在感ありますね。サッカーをやっているシーンもあるのですが、動きのキレがいい!

そのほか西郷どんの鈴木亮平や樹木希林、リリーフランキーらもいて映画の世界に漬かれます。
私的にはよくあることですが、ストーリーにはほとんど共感しませんでした。
ストーリーはもっとカラッとしているほうが好みですが、それだとあまり映画にならない気もしますね(苦笑)
居場所なんてあってもなくてもそんなに重要なこととは思っていないし。
内容に興味が湧けば原作も読んでみたいと思うかもしれませんが、本作については、映像で満足してしまって原作は読まなくてもいい、という気分でした。

海街diary|映画情報のぴあ映画生活

夜間もやってる保育園

夜間もやってる保育園」という映画を観ました(2017/12/16)。

監督:大宮浩一
ドキュメンタリー映画。
エイビイシイ保育園、玉の子夜間保育園、すいせい保育所、エンジェル児童療育教室、たいよう保育園、魚住農園 ほか
文部科学省選定

映像としては、子どもたちが楽しそうにしているのがいいですね。

日本の政治家たちはよく欧米を引き合いに出し、「世界では〇〇だから〇〇にしなければ」みたいなことを言いますよね。
主体性がない、自分で判断できない人たちがほとんどだと思います。
なかには、単に人を丸め込みやすいからそのような文言を使っている人たちもいるかもですね。

欧米では夜間保育園というのはあるのでしょうか。調べる気にもなりませんが、幸福度が高い国というのは、昼間働き夜は眠る。親と子は一緒に過ごす。少なくともそのような生活ができるような選択肢がある、と思います。
しかし、ここに出てくる人たちの多くは、夜間保育園に子どもを預けざるを得ない人たち、そのような人たちの力になろうとする人たち、そんな中で認可外の保育園を歯を食いしばって運営する人たち、のような気がします。

どのような社会を目指すのか。政治は何をやっているのかな。政治家は民衆が選ぶものですから、結局は民度に応じた行政になっている、ということなんだろうなと思うとがっくりします。

夜間もやってる保育園|映画情報のぴあ映画生活