死刑弁護人

沖縄県那覇市の桜坂劇場で「死刑弁護人」という映画を見ました。

監督:齊藤潤一
ナレーション:山本太郎

「オウム真理教事件」麻原彰晃。
「和歌山毒カレー事件」林眞須美。
「名古屋女子大生誘拐事件」木村修治。
「光市母子殺害事件」元少年。
 これらはすべて死刑事件である。
 そして、
 それらすべての裁判を担当している弁護士がいる――
 安田好弘、64歳。

というドキュメンタリー映画。

視点はだいぶ違うが、物的証拠ではなく状況証拠のみで死刑を確定できるほど裁判官の判断力は優れているのか、が一番の疑問です。

沖縄県東村高江では、政策進行ということで防衛施設局が住民をないがしろにして米軍に便宜を謀っている。スラップ裁判を考えるまでもなく、裁判官は国よりのように思える。

もちろん、法あっての裁判なので法に照らして判断するだけだとは考えられるが、日米地位協定一つとってみても法の番人のとしての機能は全く果たしていないといわざるを得ないだろう。

日本に限らずどこの国にもおかしな法律は多々あるのだろうが、おかしな法律を直す役割は裁判所なり法曹界が果たすべきなのではないか?
法に照らして法を運用するだけなら事実関係をしっかりと積み上げることができる優秀なエンジニアが複数いれば、あとは法律をすべて理解している機械にだって判決を行うことはできるかもしれません。

死刑弁護人@ぴあ映画生活

❤沖縄 @辺野古、@高江

テレビ:絶対零度

一昨日だったか上戸彩の「インストール」を早送りで見ました。
きょうは、鳩山首相来沖のニュースも気になりますが、
初ってことで、上戸彩の「絶対零度」を、ビールでも飲みながら
ついでにドリランドのイベントでもやりながら見ようかと思います。
しかし、沖縄の首長たちも首相に対して冷たすぎな気もしますね~。
主張は主張としていいとしても、ちょっとにべもない印象がありましたね。
徳之島の首長だちの対応がどうなるか気になるところです。
まぁ、大衆マスコミが幅を利かせている付和雷同好きな国民性でしょうから、
弱いもの(現時点では首相になるかな)苛め的な対応になるのかもしれませんね。

鳩山首相「おわび行脚」ひたすら低姿勢 言葉はまた“空回り”

沖縄国際映画祭

差押予告書記載のように昨日市役所からの折り返しを伝えておいたはずなのですが、きょうは電話がありませんでした。
このまま差し押さえされたら、訴訟ものですね(苦笑)
やはり最低限でも司法書士あたりで法律知識をつけておくべきでしたでしょうか(苦笑)

「地下鉄のザジ」見ようと思っていて、桜坂劇場のスケジュール確認したら、、、きょうで終映でした。。。orz
そのかわり、明日からは沖縄国際映画祭のようです!
で、ちょっと見てみたら、、、
吉本一色(苦笑)
ゲストにガレッジセールやら麒麟やらペナルティやらトータルテンボスやらオリエンタルラジオやらフットボールアワーやらが来るようです。といっても、全員が吉本なのか? それとも誰かが吉本で誰かが吉本でないかさっぱりわかりませんが。。。

中でもやはり熟女好き、ロバート秋山。
この回はちょっと見てみたいですね(笑)
映画も友近とかのもあるし。
3月21日の15時からで、たぶん1時間前から整理券配布、ってことで、
1時間前に行っても全然間に合わないかな?
ちょっと気合を入れて行ってみようか、でも一人で並ぶの侘しいし、並ぶの嫌いだから。。。
まぁ、その日の気分次第ですね。

あっ、そうそう入場無料みたいなんですよね!