百年の時計

沖縄県那覇市の桜坂劇場で「百年の時計」という映画を観ました。

サプライズで!? 監督挨拶がありました。
金子監督いわく、
前日にD-51らとともに舞台挨拶を行ったのですが、一泊したのできょうも挨拶にきました。
ということのようですw

自転車操業のようで、1館上映した売り上げで次の劇場の手配をし、みたいな上映のようです。
那覇で50館めくらいになるそうです。
あちこちで満足度調査の結果がとてもいいとのことでした。

そして。
観た結論からいえば、どこがよかったのか明確ではないのですが、とてもよかったです☆
ついつい久しぶりにパンフレットも買ってしまいました。
寄付の意味も込めてw

監督:金子修介
キャスト:木南晴夏ミッキー・カーチス中村ゆり、鈴木裕樹、木内晶子、岩田さゆり、近江陽一郎、小林トシ江、宍戸開、水野久美、井上順ほか

岩田さゆりって二役だったんですかね~

監督挨拶でアットホームを強調していたので、自主制作的な映画かなと思っていて、その割りに有名キャストがけっこう出てるなと思っていたら。

金子修介監督って日活系な方で、ガメラゴジラデスノートなども手がけた方だったんですね!

ミッキー・カーチスがもう少しわかり易い滑舌だとなおよかった。
いいセリフ言っているのに聞き取りにくいところもあったので。

監督挨拶で映画製作がHD DCP?だかで映像がキレイと言っていました。
動きのある画面というか、カメラを動かしながら撮るシーンだと背景がぼやけたりしますが、今回の映画では背景もクッキリ映っていたように思います。
とてもキレイな印象が残っています。

全然関係ないけど、「滑舌」(かつぜつ)って漢字変換されないんですね。。。

俳優もイケメンですし、女優も中村ゆり筆頭に皆さんキレイでした。

この映画、香川県が舞台で、「ことでん」という高松琴平電気鉄道開通100周年記念の映画でもあるようです。
たまたま「ことでん」というのを最近知ったのでなんとな~く観に行った次第でしたが、眠らずに観ることができたいい映画でした。

D-51や中村由利子など音楽にも力が入っているようなのですが、不思議とあまり印象に残っていません。
映画に溶け込んでいたのか、同じ曲の繰り返しが少なかったのかもしれません。

印象に残ったフレーズが2つ。
「これまでとこれからの時間を捧げます」
人を巻き込んで、人に巻き込まれて世界が拡がっていく」(みたいな感じのフレーズ)

百年の時計@ぴあ映画生活

立候補

立候補、と言っても私が何かに立候補するわけではなく(当たり前!?)、映画の話。
強いて言えば、アーリーリタイアする人に立候補したい、というか、宝くじ高額当選者に立候補したいというか(苦笑)

で。
沖縄県那覇市の桜坂劇場で「立候補」という映画を観ました。

監督:藤岡利充
出演:マック赤坂、羽柴誠三秀吉、外山恒一、高橋正明、中村勝、岸田修、櫻井武 ほか

なかなか面白かったのですが、メインがマック赤坂という人だったようで、もう少しほかの泡沫候補者も見たかったな、という感じ。
外山恒一さん、ちょっと面白かったかな。
「諸君を軽蔑している」的なスタンスで。

高橋正明さん、、、じゃなかった、たぶん、中村勝さんだと思うんだけど、この人、意味わからん。
300万円払って立候補して、街頭演説もせず、家に引きこもり。政見放送とかしたのかもしれないけど、目立ちたいわけでもなく、主張があるようにも見えず、何がしたいのか映画の中ではさっぱりわからなかった。。。

マック赤坂さんは京大卒のようだが、うーん、面白いではあるけれど、という感じ!?
スマイル党総裁、ということみたいですが。

とりあえずマック赤坂さんとマック赤坂さんの運転手(なんとロールスロイス!)のシーンがとても多く、マック赤坂さんが金主かと思ったくらいでした。

まぁ、橋下大阪市長?の腹黒さも、安部首相の弱者を相手にせず的な雰囲気も再認識できたのはよかったかな。

そこで思ったのは。
橋下大阪市長? とマック赤坂って胡散臭さというか元々政治を遣っていた人ではないという点では同じだよね!? ってこと。
橋下大阪市長? は、たまたま知名度があってなんかの選挙で当選しちゃって、そこからうまく立ち回って「維新の会」なんてのを立ち上げただけで、その前は弁護士兼タレントですよね!? 政治家とは全然関係ないですよね?

まぁ、維新の会に投票しちゃった人も参議院選挙では投票しなかったようで、浅はかという印象しかないのですが。
民主党も似たようなもので、以前の選挙では大勝したけど、今回は惨敗。自民と大同小異なんだからそんなもんかとも思うけれど、有権者の市民度ってどんなもんかなってのは常に思いますね。

映画「立候補」@ぴあ映画生活

さて。
全然話は変わって。
“未来の暮らしを沖縄から”  県内初!触れて遊ぶエネルギーカフェ『Luterio』オープン
というプレスリリースを見つけました。
沖縄にエネルギーカフェができたようです。
観たところ興味を惹かれたところはないのですが、コンセプトは好きですね。
エネルギーカフェを作って会社として成り立つのであれば大いに興味は湧きますね。

ONE SHOT ONE KILL

沖縄県那覇市の桜坂劇場で「ONE SHOT ONE KILL」という映画を見ました。

感想は大きく分けて二つ。
・よくこんな映像が撮れたな
・こんな訓練を受けた輩が街中を歩いていると思うとゾッとする

ご存知のように沖縄には海兵隊がいます。
彼らは
疑問を持たずに命令に従え
と強制される。
規律を重んじる軍隊ならどこも似たようなものかもしれませんね。
規律がなく、各人が各様に行動する軍隊というのもまた収拾がつかなくて恐ろしい気もしますしね。

さらに、睡眠時間を削られ思考能力を麻痺させる。

疑問を持たずに命令に従う人は、駒としては優秀だ。動きが計算できるしね。
ビジネスで考えると、駒以上のことは望めませんので機械に置き換えてもいいような気もしますけどね。

パリスアイランド
ビリージョエルの「Goodnight Saigon」に「パリスアイランド」という単語が出てくるのですが、アメリカ、サウスカロライナ州にある地名のことだったんですね。
初めて知りました(^^;

人を殺す訓練を受けた「疑問を持たずに命令に従う」人が大勢送り込まれている県、沖縄県。
彼らの犯罪の多さ、綱紀粛正とか言っても全然守られない現状と相反するようにも見えますが、訓練では様々なことを強制され、頭を使うなと訓練される。
ということは、訓練外でも頭は使わず本能のままに行動してしまう、という図式があるのかもしれません。

恐ろしさが少し増しました。

————————
別途、ひやみかちマチグヮ~館あんやたん懐かしのマチグヮー写真展!を観に行ってきました。
画質はいまいちですが、けっこうよかったです。
守礼の門だけしか見えない首里城あたりとかコザ騒動とか沖国大へのヘリ墜落とか。

まずは、普天間周辺の一般家庭の騒音具合を24時間中継で国会議事堂なり首相自宅なりに流すとよいなぁと思ったりしました。

ONE SHOT ONE KILL 兵士になるということ@ぴあ映画生活