つつんで、ひらいて

つつんで、ひらいて」という映画を観ました(2020/07/17)。

監督:広瀬奈々子
出演:菊地信義、水戸部功、古井由吉

「1万5千冊をデザインした
 装幀者・菊地信義と、
 本をつくる人々の
 ドキュメンタリー」

という映画。

話中
「10人のうち1人でも気づけばいい」
という言葉があった。

そんな物を作るのに時間を使うことができ、報酬も貰える。

職人、オタク、贅沢、な仕事をすることができる人ということではないか。

紙自体や装丁には、思ってもいないようなこだわりがある場合がある、ということを知った。

ほかにもいくつか気になった言葉があった。
しかし。眠ってしまった時間がけっこうあって覚えていない。残念(-_-;)

つつんで、ひらいて|映画情報のぴあ映画生活