米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー

米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー」という映画を観ました(2017/08/14)。

監督:佐古忠彦
テーマ音楽:「Sacoo」 作曲・演奏 坂本龍一
語り:山根基世、大杉連

米軍統治下の沖縄で、“弾圧”を恐れず、米軍の圧政と闘い続けた元那覇市長・瀬長亀次郎にまつわるドキュメンタリー。

映画としては、瀬長亀次郎さんの功績と演説のうまさ、カリスマ性がわかる内容だった。
それらとは別に琴線に触れたことが2つある。
いずれも映画の中で出てくる人物についてです。

一人めは、仲井眞元楷氏。
※インターネット上の情報があまりヒットせず、かつ、映画でも一瞬出てきただけなので詳細はわからないかった。
仲井眞元楷氏は仲井眞弘多前知事の父親で、瀬長亀次郎さんが那覇市長だったときにアメリカ側と通じて? 市長不信任案を画策した人物らしい。
その家系であることを考えると、仲井眞弘多前知事の米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に向けた埋め立てを承認したことはさもありなんと思った。
瀬長さんの場合は、不信任案可決のあと、選挙を経ていったんは市長に返り咲いたが、現在の翁長知事の辺野古移設反対は成就するのか。。。

二人目は、(たぶん)當山堅一氏。
映画の中では瀬長亀次郎さんの健康診断書を書いたという人物らしい。もっとも診断書が出されたのは獄中にあって体調が悪いことがわかってからだいぶ期間が経ってからだったようだが。美容外科を開業した人ですかね。副知事が何かで政治にも関わっていた気がしたのですが、インターネット上で情報が出ないので気のせいかもしれないですorz

きょうたまたまテレビでみたのですが、沖縄とは遠く離れた樺太では、終戦後も組織的戦闘が7日間も続いたそうです。日本兵は後方に控えて、竹槍程度の武器しか持たない民間人を前線に据えるやり方は沖縄と一緒のようでした。そのテレビの中では、責任を一番感じるのは前線の人であるが、戦闘を行うことを決めた人、前線に命令をした人、が誰なのかは曖昧で責任を取った様子もないという話のようでした。
酷い話ですね。


米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー|映画情報のぴあ映画生活

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男」という映画を観ました(2017/06/02)。

監督:ラース・クラウメ
出演:ブルクハルト・クラウスナー、ロナルト・ツェアフェルト、セバスチャン・ブロムベルグ、イェルク・シュットアウフ、リリト・シュタンゲンベルク、ローラ・トンケ、ゲッツ・シューベルト、コルネリア・グレーシェル、ロバート・アトツォルン、マティアス・ヴァイデンヘーファー、ルーディガー・クリンク、パウルス・マンカー、マイケル・シェンク、ティロ・ヴェルナー、ダニ・レヴィ

1950年代後半のドイツ・フランクフルト。ナチス戦犯の告発に執念を燃やす検事長フリッツ・バウアーのもとに逃亡中のナチス親衛隊中佐・アイヒマン潜伏に関する手紙が届く。アイヒマンの罪をドイツの法廷で裁くため、国家反逆罪に問われかねない危険も顧みず、その極秘情報をモサド(イスラエル諜報特務庁)に提供する。しかしドイツ国内に巣食うナチス残党による妨害や圧力にさらされたバウアーは、孤立無援の苦闘を強いられていくのだった……。

というストーリーなわけだが、映画の中では孤立無援ではなかったからこそ、アイヒマンの捕獲を成しえたという感じになっている。
なかでも、ロナルト・ツェアフェルトが演じる、同性愛者の若き検事カール・アンガーマン(ラーズ・クラウム監督が映画に厚みを与えるために創造したこの架空のキャラクターらしい)の、最終的には自己保身に陥らない行動がいい。今の日本の役人や政治屋さんにはできない行動のように思います。

アイヒマンを追え! ナチスがもっとも畏れた男|映画情報のぴあ映画生活

Start Line(スタートライン)

Start Line(スタートライン)」という映画を観ました(2017/06/16)。

監督:今村彩子
出演:今村彩子、堀田哲生 ほか

耳が聞こえず、コミュニケーションも苦手な今村彩子監督が自転車で日本縦断するロードムービー。

自転車を乗って旅をする人としては初心者で、
コミュニケーションもあまり円滑でなく。
映像としてはホームムービーのような印象で、
正直首をかしげてしまった。

辛口で言えば、不器用な方がそれをどうにかしたいと思って旅に出てみたけれど、旅に出ただけではなかなか次のステップまで進めない、もしくは、伴走者に頼ってしまう、ということを記録した映画、ということになるだろうか。

しかし、なぜか112分という長さにもかかわらず
眠らずに観ることはできた。

今村彩子という人は本当に映画監督なのだろうか? と思ったので少し検索してみたら、「珈琲とエンピツ」「架け橋 きこえなかった3.11」という映画を撮っていて、いずれも評判はいいようです。

いろいろな制限はあったのだろうけれど、長旅ではトラブルがないほうが珍しい。
日程に余裕を持たせ、のんびりと、すべての事柄を楽しめるくらいおおらかな気持ちで自転車を漕いでもよかったのではないか、と思った。自転車を漕ぐこと自体が目的でなかったらなおさら。
「Enjoy it!」とスクリーンに投げかけたい気分だった。
(もう少し自転車旅の練習をしてから日本縦断に出発していれば、もっと楽に、もっと楽しく旅ができたのでは、とも思った)

Start Line|映画情報のぴあ映画生活