愛のむきだし

先日、愛のむきだしという映画を見ました。
タイトル、微妙というか、なんというか、レトロチックですよね!?

キャッチフレーズは
237分の衝撃―。
実話をベースに描く、
無敵の“純愛”エンタテインメント


私的には、「パンチラエンタテインメントの奥にあるものは…」という印象でしょうか(苦笑)


237分。
とても長いですが、桜坂劇場では途中休憩がありました
俳優陣はなかなかいい感じな気がしました。
そして、私が男性で、映画がパンチラ満載だったせいか、全然飽きずに、眠くならずに237分スクリーンを見てました(*^^*)

ただ、実はけっこう重いテーマ。
ところどころストーリー展開が雑な気もしましたが、まぁ、実話ベースのエンタテインメントなので。
それに、あまりきっちり描きすぎると重いほうが印象に残ってしまう。
視聴した人のどれくらいが重さを感じ取ったのか不明ですが、重さをできるだけ感じさせないような作りは成功しているような気がする(意図的かどうかは知りませんが)。

放映が数回ということもあり、劇場内はけっこう人が入っていました。
そして、沖縄出身の「満島ひかり」。
安藤サクラ」もいい味出してるんですけど、その側近の女性の一人がけっこうよかったんですよねー。。。
確かショートカットのほう。

公式サイトとか見ても誰かわからないorz
とりあえずめぼしい人を何人か備忘録。
中村麻美←たぶん違う
玄覺悠子
広澤草←この人のような気も

映画的には
変態と宗教と思い込み をエンタテインメントでくるんじゃった、って感じでしょうか!?
純愛ってのは、ちょっとわからなかったですね。
レオンみたいなののほうが純愛のイメージかと。

「満島ひかり」特集というのを桜坂劇場でやっていて、
川の底からこんにちは
カケラ
という作品が8月-9月に上映予定です。
見に行くかどうかはわかりません。。。



愛のむきだし|映画情報のぴあ映画生活

愛のむきだし” への2件のコメント

  1. ピンバック: 森崎書店の日々 見ました | 沖縄日和(超暫定タイトル)――タイトル随時変化中

  2. ピンバック: 映画や動画の感想ブログ(暫定タイトル)――タイトル随時変化中

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA