夜間もやってる保育園

夜間もやってる保育園」という映画を観ました(2017/12/16)。

監督:大宮浩一
ドキュメンタリー映画。
エイビイシイ保育園、玉の子夜間保育園、すいせい保育所、エンジェル児童療育教室、たいよう保育園、魚住農園 ほか
文部科学省選定

映像としては、子どもたちが楽しそうにしているのがいいですね。

日本の政治家たちはよく欧米を引き合いに出し、「世界では〇〇だから〇〇にしなければ」みたいなことを言いますよね。
主体性がない、自分で判断できない人たちがほとんどだと思います。
なかには、単に人を丸め込みやすいからそのような文言を使っている人たちもいるかもですね。

欧米では夜間保育園というのはあるのでしょうか。調べる気にもなりませんが、幸福度が高い国というのは、昼間働き夜は眠る。親と子は一緒に過ごす。少なくともそのような生活ができるような選択肢がある、と思います。
しかし、ここに出てくる人たちの多くは、夜間保育園に子どもを預けざるを得ない人たち、そのような人たちの力になろうとする人たち、そんな中で認可外の保育園を歯を食いしばって運営する人たち、のような気がします。

どのような社会を目指すのか。政治は何をやっているのかな。政治家は民衆が選ぶものですから、結局は民度に応じた行政になっている、ということなんだろうなと思うとがっくりします。

夜間もやってる保育園|映画情報のぴあ映画生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA