ラブクラフト・ガール

ラブクラフト・ガール」という動画を観ました(GYAO、2020/05/31)。

監督:平林克理
キャスト:安藤聖、中村倫也、羽鳥名美子、黒瀬友望、神戸アキコ、小村裕次郎、千葉雅子、矢柴俊博、木野花
R15+
2013年作品

今はだいぶ売れっ子になった中村倫也さんが出ている作品。
今よりも若いが、出しゃばり過ぎない雰囲気や存在感は変わらない。
外見が少し丸いかなw

戸田恵梨香さんが出演していた「崖っぷちホテル」というドラマがけっこう好きで。
それにシェフ役で出演していた中村倫也さんもけっこう注目しています。
ちなみに、浜辺美波さんと岩田剛典さんもよかった。

中村倫也さんは「海月姫」「スーパーサラリーマン左江内氏」「凪のお暇」「美食探偵 明智五郎」などにも出ていますね。
というか、ちょっと調べてみたら、2005年からいろいろな映画、ドラマに出演しているようですね!

浜辺美波さんは、やはり「君の膵臓をたべたい」ですかね。
「ピュア! 〜一日アイドル署長の事件簿〜」「アリバイ崩し承ります」は、個人的には今一つで、「私たちはどうかしている」は、出演しているのは知っていたけど観ていない。
「タリオ 復讐代行の2人」もちょっと違うような。
ちょっと役にピタッとはまっていないというか、役自体がちょっと微妙というか?
少し残念。

話を本題に戻す(話すことはあまりないんだけど)。

■ストーリー

どんな会社かわからないままセクシャルグッズを制作、販売する会社に入社した女性が、商品価値などに気づき、仕事を好きになっていく、という感じか。

ところで、なんと。
映画ウォッチというサイトではネタバレのあらすじがけっこう詳細に書かれていた!

最近何かで見たのだが、サプライズ的な演出を好まない? 人たちが増えているという。
例えば、誕生日。
祝いたい人があらかじめプレゼントや食事に行きたい店などのリクエストを聞いて、その通りの段取りをする。
当日は段取り通り進行するのだが、それでも充分楽しく満足、みたいなことのようです。

ちなみに私も、プレゼントのリクエストは相手に聞く派だ。
相手に聞かずに買う場合は、たいてい、形に残らないもの、ということで、飲食できる物にすることがほとんどですね。

何かの体験、例えば、ダイビングとかスキーとかテーマパークとか? へ連れていったりは、
時間もけっこうかかるので、サプライズプレゼントにはしないですね。
外れたら最悪ですし、仮に、以前、本人が行きたいと言っていたとしても、
タイミングとかもあると思うので。
せいぜい、好みのディナーなりランチなりに招待、くらいでしょうか。

そして、サプライズ的な演出を好まない人たちは、映画などを観に行く際も、あらかじめストーリーを予習しておいて、ハラハラドキドキ感を和らげるらしい…
確かに、ストーリーがわかっている同じ映画を何度も見ることがあるが、そのような感覚に近いのか?

ラブクラフト・ガールという映画は、セクシャルグッズへの敷居を低くしたい人、性の話題をなかなかオープンに話せない人、は、観ると心が楽になるかもしれない。

性についての悩みに真正面から取り組んでいる人たち、楽しみながら取り組んでいる人たちがいるだろうということがわかる内容。


ラブクラフト・ガール|映画情報のぴあ映画生活

Comments

  1. 備忘録。
    崖っぷちホテルで気になったのが、8話目に出てくるマナヒラ王国の7人の王女たち。

    長女(イレーネ)役:小川紗良
    次女(ニーナ)役:泉はる
    三女(サーラ)役:高橋明日香
    四女(ヨハンナ)役:渡辺瞳子
    五女(コンスタンサ)役:季葉(きわ)
    六女(ロクサーラ)役:羽瀬川なぎ
    七女(ナディア)役:山口まゆ

    小川紗良さんは、映画監督もやってます!

    季葉さんは、李葉さんで検索しても同じくらいヒットしますw
    オランダとかタイとかで暮らしたこともあるようで、インターナショナルな感じ。

    山口まゆさんは、崖っぷちホテルのときは17歳、現在も「リカ~リバース~」「樹海村」などで、コンスタントに活躍されているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA