ヒメアノ~ル

ヒメアノ~ル」」という映画を観ました(2016/06/17)。

R15+
監督:吉田恵輔
原作:古谷実
キャスト:森田剛、濱田岳、佐津川愛美、ムロツヨシ、駒木根隆介、山田真歩、大竹まこと、信江勇 ほか

「ヒメアノ~ル」とは、ヒメトカゲのことで、強者の餌となる弱者の意味とのこと。「HIMEANOLE」というテロップが流れたとき、「姫 a 黒(noirと勘違い)」で闇の女の意味? と思ってしまいました(苦笑)

原作者の古谷実さんは「客観的にとても楽しく観られました」とコメントしているようですが、その感覚がわからないです。。。
日常と狂気、ということで、心が弱ってるときは観ないほうがいいでしょう。
狂気な演技の凄みがありますが、ムロツヨシのシーンなどで若干正気に戻れてよかったです。登場人物の河島といういじめっ子に焦点をあてたスピンオフ、どうなのかな、とチラッと思いました。
個人的には信江勇が出ているのがわかってちょっと面白かったです。

確か「冷たい熱帯魚」のときに、このような暗黒系映画はあまり観ないようにしようと思ったはずなのですが、迂闊にも観てしまいました。残念。

ヒメアノ~ル|映画情報のぴあ映画生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA