ディストラクション・ベイビーズ

ディストラクション・ベイビーズ」」という映画を観ました(2016/06/16)。

R15+
監督:真利子哲也
キャスト:柳楽優弥、菅田将暉、小松菜奈、村上虹郎、池松壮亮、北村匠海、岩瀬亮、でんでん ほか

「二時間弱のあいだにこれだけ人を殴ってる映画は初めてみました。」(米津玄師)

というコメント通り。

確かに柳楽優弥は雰囲気があった。背中で何かを語れる、そんな映像だった。それだけでも観る価値はあるかもしれない。

しかし。
強そうな相手を見つけては喧嘩を仕掛ける、そんな彼に興味を持ってしまう高校生。その高校生は弱い者に暴力を仕掛ける。さっぱりわからん。

「ひとりの少年の純粋な狂気にのみこまれる」
というキャッチコピー。

「狂気」ということでいうと、やはり、「冷たい熱帯魚」が自分には強烈過ぎて、それを超える衝撃は受けなかった。

私は喧嘩をあまりしたことはないけど、喧嘩をしているときに命を感じる、ということはあるかもしれない。

しかし。
格闘技をやればよいのでは、と思ってしまう。
技術の要素が入ってきて、野獣な感じだけでは太刀打ちできず、ストレスがたまるかもしれないが、ただの破壊よりはよいかと思うし、人に迷惑をかけずに、より深いスリルを味わえるのではないだろうか。

私が年を取った、ということだろうか。

ディストラクション・ベイビーズ|映画情報のぴあ映画生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA