さよならテレビ

さよならテレビ」という映画を観ました(2020/05/30)。

監督:土方宏史

———————
薄っぺらいメディアリテラシーはもういらない
『ヤクザと憲法』監督&プロデューサーが描くテレビの自画像
東海テレビドキュメンタリー劇場第12弾

これは裸のラヴレター
———————
というキャッチフレーズ。


一般視聴者からすると、この映画自体が、薄っぺらい作品だ。
内部告発的な内容の作品を作ることは、内部にいる人間にしたら勇気が必要だったり、リスクを負ったりするものだとは思うが、あくまで、内部にいる人間の話。

はじめから違和感はあったけれど、「ドキュメンタリー」と呼ぶには、メディアリテラシーが低すぎる。
皮肉だとしても、つまらない。

ドキュメントを名乗らなければそれなりに楽しめたとは思う。
自戒の意味を含めた作品でドキュメントを名乗るのであれば、もっともっと痛みを伴ったものにするか、
事実を淡々と積み上げるか、やりようはあったと思う。

内部告発的な作品を作ろうと思ったが、あれこれ手かせ足かせをつけた結果、中途半端な苦笑しか得られないような作品に仕上がった、というのが感想。

人生フルーツ」はよい作品だったのに。
ヤクザと憲法」も悪くなかったのに。

残念。

さよならテレビ|映画情報のぴあ映画生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA