私はヒーローそれともヴィラン?よみがえれ勝連城

私はヒーローそれともヴィラン?よみがえれ勝連城」という映画を観ました(2020/06/21、GYAO)。

監督:杉山嘉一
キャスト:福田沙紀、金子昇、大城優紀、藤木勇人、城間やよい、上原千果(子役)、伊敷幸一

10か月くらい前に観ました。
いくつかレビューを見たら、悪い評価が多かったのですが(しかも、けっこう辛辣なレビューもあった)、
自分のメモには「なかなかよかった」と記載していました。

キャラクター的には魅力を感じないキャラたちでした。

比嘉華那(福田沙紀):独りよがり感がある
            ネットセレクトショップの社長で故郷である沖縄に休養で帰ってきたと言う
飯塚美鈴(大城優紀) :比嘉華那の幼馴染で表面的には自己主張が薄い
萩村栄介(金子昇)  :比嘉華那の元カレで、今は飯塚美鈴の彼氏のハズ
比嘉知子(城間やよい):比嘉華那の母親
井下幸子(上原千果) :子役

主人公の比嘉華那は、売り上げが上がっている会社の社長なんだから、もう少ししっかりしていてしかるべきだし、
沖縄在住で比嘉華那の親友という役の飯塚美鈴は、もっと自分に自信を持っていてよいだろうし、
彼女を乗り替えた(?w)萩村栄介は、まぁ、羨ましいというか、手近に済ませてるなというか(-_-;)
井下幸子という子役の役どころは、今一つ残念なキャラ設定で共感しにくいし(自分は大人だし(苦笑))、
という感じ。


比嘉華那の母親の比嘉知子については、沖縄のあんまーという感じで安心感はありましたけど。

とはいえ、沖縄視点で観ると、あるあるな気もして、ゆる~く・自主制作映画? な感じで観れば、なかなかよいのでは、ということになるかと思います!

ストーリーはどこかのサイトからコピペ。
(同じことしか書いてないサイトが多かった)

東京でネットセレクトショップを運営している華那は同級生の美鈴に会うために沖縄に里帰りする。美鈴は地元のうるま市にある世界遺産、勝連城を復活させるプロジェクトに参加しているため華那も同行する。市内、そして全国から来たボランティアと出会う華那は本当の自分と向き合う。

リゾート以外の沖縄を好きな方は観てもよいかと思います。それほど長くないし(-_-;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA