ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記

ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」という映画を観ました(2020/02/05)。

監督:平良いずみ
語り:津嘉山正種
出演:坂本菜の花 ほか

北陸中日新聞の新聞コラム「菜の花の沖縄日記」という連載を持っていた中学生・坂本菜の花さんを通して感じる沖縄を綴ったドキュメンタリー映画、という感じか。

珊瑚舎スコーレというフリースクールに通う、おじい、おばあ、若い人、などの映像も混ざる。

おそらく沖縄テレビ放送初の映画製作。
平良いずみさんは沖縄テレビのキャスターですが、映画監督もやるとは。
作品は、女性ならでは、ということは特に感じず、テレビ岩手製作の「山懐に抱かれて」と同じような雰囲気で、テレビ局が作ったドキュメンタリー、いくつかのドキュメント番組(テレビ)を一本の線で繋げて映画にした、というような感じ。

文才はあるんだと思う。


長いものに巻かれる、式の思考をもっともらしく語る大人が悲しいし、情けない。
積極的に巻かれるならまだましか。
自分も生活していかなければならない、家族を養わなければならない、だから受け入れる、であれば、
戦うことを諦めた、戦うことを辞めた、ということを自覚する必要がある。
それはいい。
しかし、戦っている人を疎ましく思うのは、どうだろうか。
気持ちとしてはわかる(;^_^A
自分ができないことをしている人を見れば、自分が諦めたことを追う人を見れば、自分を省みなければならなくなってしまうので、見たくない。見たくないから疎ましく思う。
しかし。このような人たちこそ、長いものに巻かれる、という空気を強く後押しする存在となっている。
いわば、長大な者(本作であれば政府や行政か)の思惑どおりに動いてくれる存在。

そのような存在にはなりたくないものだ。

ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記|映画情報のぴあ映画生活

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA